OTHERSIDE OF DOES全曲解説 ワタル(Vo, Gt)

1. バイスクール

デビューシングル「明日は来るのか」に収録された曲。学校をイメージした曲。「明日は来るのか」と違い、オルタナティヴな切り口でリフの効いた激しい形を狙った。「明かりが無いなら命を燃やせ」とか今までやらなかったメッセージ系の詞を書いたのが新鮮だったと覚えている。意外とこのアルバム「OUTSIDE OF DOES」の一曲目にあっていると思う。

2. フーテンガッタホリデイ

映画の「男はつらいよ フーテンの寅さん」が好きで、放浪するようなふらふらしたヤツの休日。フーテンみたいな気楽な休日を得た人?どっちでもいい。ロックなんてただの言葉だなんて思ってた頃。聴かなくなっていたラモーンズを聴いてやっぱ最高だなと思った。リフが跳ねてていい。サビのコーラス「ウーランララー♪」はモータウンとか日本の歌謡とかそんな古い時代の感じを出したかったから。

3. ウー・アー

福岡で活動していた頃によくやってた曲。シンプルなんだけどノリがいいのを欲しかった。その中にアンニュイ感があって、歌詞はあえてわけのわからない感じにした。ビートニクにハマってた頃に作った覚えがある。だからタイトルも曲を表す言葉がなかったからコーラスが「ウーアー♪」って歌ってるからウー・アーでいいやろ、ってテキトーに付けた。

4. あしたの国

ちょっと壊れたポップ感を出した曲。ドラムが特徴的。当時のHDマルチトラックレコーダーに打ち込みを入れて作った。ほとんどの曲がそうだ。ベースラインから考えて、ドラム、ギターとつけていった(たぶん)。後半サビで曲調ががらりと変わるとこに肝がある。壊れたポップと切ないメロディーの効いたサビ。アナログ録音だから、雰囲気が出ている。「赤いサンデー」のカップリングで二曲ともやわらかい側面のDOESが分かる曲だと思う。

5. 光の街

この曲をやるといつも思い出すのが新宿駅南口から三丁目に向かう道。上京して街を歩いたり、車から眺めたり。ネオンがみえて、人があきれるほど多い。そんな上京した田舎者の心情で書いた。なんてことない単純なリフとコードでゆるめにやるからフォーク的に風景や感傷が広がるんだと思う。あるいは歌詞に引っ張られたのだと思う。ギターにショートディレイをかけて、ネオンみたいに滲ませている。「三月」のカップリング。

6. ダンス・イン・ザ・ムーンライト

1stアルバム「NEWOLD」に入れたダンス・イン・ザ・ムーンライトをTOKYO NO.1 SOUL SETの川辺ヒロシさんにリミックスしていただいた曲。まさか自分の曲がリミックスされるとは夢にも思っていなかった。浮遊感のあるダブサウンドが気持ちいい。ベースラインがカッコいい。この曲は結構この「OTHERSIDE OF DOES」の中でも聴きどころ。こういうことやってたのかという発見もカップリング集だからわかりやすい。

7. ワインディング・ロード

ビートルズの曲にThe Long And Winding Roadがある。スローで綺麗な曲。ここからインスピレーションを得た。ツアー中に銀色のハイエースで各地を移動してた時に、車の中で歌詞を作った。だいたい外で歌詞を書くと酷いから、そういう意味では珍しい曲。長いツアーの途中は移動の車の中とかホテルとかが退屈になってくる。でも待ってる人がいるんだ、ってそんな心情をダイレクトに書いた。音像としてはマニアックな感じ。ストレンジギターポップ。「修羅」のカップリング。

8. メイデー・レイデー

「サブタレニアン・ベイビー・ブルース」のカップリング。アナログテープ録音した曲だからか音が太い。この曲を録ったスタジオは残念ながらもう無くなってしまった。初期の頃はアナログでやった曲がけっこう多い。クリックも使わず。そんな録音だからか、あったかさとヒリヒリ感がある。イントロのドラムが印象的だから、裏に警報みたいな音を入れた。手でグルグル回して鳴らす警報器。中盤のコーラスワークの「もしもし」がおもしろい。こないだライブでやったらよかった。今ならもっと速いテンポでハードにやりたい曲。

9. 修羅(Live at Shinjuku LOFT)

シングル曲だけどカップリングとしてライブ音源を入れたからここにも収録した。テンポ、勢い共に2割増しでライブ感があって気に入っている。ライブの最後にやったから演奏終わってハケる時にヤスがベースを放り倒して、その音が聴ける。細かいことは忘れたけど、熱かったっていうのはなんとなく覚えている。

10. サマー・サンセット

「曇天」のカップリング。やたら短い曲。この頃から音がソリッドになってくる。録音も勢いでやった。しかしヤスのコーラスが「タマータンテット」としか聴こえないのがおもしろいから、短いパンキッシュな曲だし、夏が来るとヤスに歌ってもらっている。最近では滑舌もよくなったみたいだ。アコースティック・バージョンもライブでやっている。その時はオレが歌う。

11. 秘密の風景

「陽はまた昇る」のカップリング。ほぼ3コードで展開される。結構好きな曲。フロアタムを多用したアレンジはたまにやる得意技。ビート感が気持ちいいのだ。ずっと前からLONGWAVEの「Everywhere you turn」やVELVET UNDERGROUNDの「Heroin」やSTROKESなどを聴いてカッコいいと思っていた。自分らにも取り入れたらハマった。誰にでも秘密の風景はあるはず。オレの場合は…、言えない。秘密だから。

12. トーチ・ライター

「世界の果て」のカップリングで、映画「クローズ02」の挿入歌のために書き下ろした曲。NACK5の自分らの番組「レディオドーズ」をやり終えた夜中、帰る車の中で閃いて、そのまま一晩で作った。映画のキャラクターにあったロックな感じを如実に出した。歌い方もほかの曲とは違い、ロックな感じにした。映画にも出演できたし、三池崇史監督や俳優の方々と知り合えていい経験になった。今こういう感じの歌い方もいいなと思ったりする。

13. ビート・クラブ

大学の頃はファッション狂いでよくクラブとか行ってたけど、もうあまり行かない。でも爆音のクラブの暗い感じやタバコの感じやワクワクする感じは嫌いじゃない。そんなダンスフロア的な歌詞になった。最近のライブではギターを置いてハンドマイクで歌っている。ギタリストがいるといろいろ幅が広がる。踊るみんなハイになって、でそのあとはご自由に。そんなノリで。

14. チョコレート

DOES史上最もガーリーな作品(笑)。完全に書き下ろしの曲。チョコレートブランド「メリーチョコレート」の話が来て、やらせていただいた。MVにもメンバー出ていないのは、さすがに。しかしよくできている曲だと勝手に思う。歌詞も書きやすかったし、失恋しても先に進むみたいな感じの曲。最近のアコースティックライブではやるようになった。これを渋く歌えるようになったらなかなかだと思う。斉藤和義さんとか歌ってくれないかな。「夜明け前」のカップリング。

15. 薄明

福岡時代にずっとやっていた曲。メジャーになってからはライブでもやらなくなっていたけど、福岡のシーンではちょっとした曲だった。暗い静寂と喪失がテーマになっている。「忘れるつもりはなかったのに、わからなくなってしまったよ。明かりを落として見えなくした。それで何が変わるわけではないのだけれど」って歌詞を書いた。19才から20代前半位までは夜になると部屋で一人いろんなことを考えていた。いろんなジャンルのいいレコードを聴いて、いい本を読み漁っていた。村上春樹がいなかったら詞なんて書けなかっただろうな。タバコと安いウィスキー、静寂と葛藤。これは録音し直したテイク。オリジナルの方が雰囲気があるが、デモテイクだから録り直したかったのだ。ライブでも演奏に感情が入る曲。

16. ギンガムの街(Alternative ver.)

「ジャック・ナイフ」のカップリングの別テイクバージョン。最初に録った方。あんまり違いが判らないかもしれないけど、よく聴けば分かるはず。リズムのタイトさとアレンジが自分的にもうちょいで、とりあえず置いといて後日違うやり方でトライした。やり直した方がアレンジも演奏もタイトになっている。今これを聴くとこっちでもよかったか?とか一瞬思うけど、やはりそういうわけにはいかなかったのだ。ライブで盛り上がる曲でもある。「ドチドチリズム」使ってるから。4つ打ちドラムと裏拍のハイハット入れると、音は「ドッ、チー、ドッ、チー♪」と鳴る。ノレるリズムなのだ。流行っていたから使うのをためらったけど、あえて使ったらやっぱ気持ちいいんだよな。

17. S.O.S.O

タイトでハードな曲。アニメ「宇宙兄弟」のオープニングになった「夢見る世界」のカップリング。実はこっちの方がより宇宙な感じの歌詞である。8月にやったファンベストライブ「CLICK THE BEST」の栄えあるリクエスト1位に輝いた曲でもある。メンバーもスタッフもびっくりした。そう言われればこれも結構DOESらしい曲なのかも。イントロのギターとドラムの絡みが気に入っている。S.O.S.Oは「Save Our Souls Open」の略。救命信号SOSにOを付けた。「われらの魂を広く救いたまえ」って感じ。演奏のタイトさは初期とは比べ物にならないとメンバー自身も思う。

18. ヒーロースター

はっきりいって忘れてた曲(笑)いつ録ったんだろう?未発表曲。アナログ録音だから「修羅」とかの頃だと思う。作ったのはぼんやり覚えている。ヒーローものの映画を観たのと、ロックスターな感じと、はっぴいえんどの「風来坊」って曲からインスパイアされてぐちゃっと混ぜた。…んだと思う。ラモーンズみたいなノリがおもしろい。ライブでやるとハネるんじゃないか?と期待している。

19. 遠くまで

最後を飾るのは新曲。ちょうど今から一年前くらいに作ったのかな。最近の海外でのプレッピーパンクとか新しいオルタナティヴ・ロックの流れがすごい良くて、負けてらんねえと思って作った。ツイッターなどでアイデンティティが一人歩きする問題や、情報散乱の世の中で自分を強く持ってやっていかなければいけないってことをテーマにした歌詞になった。スピード感のある潔い曲だし、強い自分を持って未来を切り開くって意味でも、この曲はこのアルバムの締めには最適だった。ライブでも手ごたえを感じている。ありがとう。

TOP