OTHERSIDE OF DOES全曲解説 ヤス(Ba, Cho)

1. バイスクール

ポップさと狂気性が入り混じった曲。ハードだけど中盤でダンスビートっぽくなったりと、カラフルな感じもある。
ロックを俺ら流にやるとこんなんなった、って感じ。

2. フーテンガッタホリデイ

フーテンの寅さん。をワタルがイメージしてつくった。仕事もせずぶらぶらしている人をフーテンという。
そんな感じが詰まった心地よい歌詞と曲。

3. ウー・アー

福岡でやってた頃からある曲。ビッグなドラムのビートにシンプルなコード、サビのウーアー、初期の音楽性と空気感が満載の曲。

4. あしたの国

ベースイントロからドラムとアバンギャルドなギターのフレーズが絡む、初期の実験的な曲。
展開は多いが、サビではコーラスワークが響く綺麗なメロディに。

5. 光の街

タイトル通り、キラキラしたサウンドの曲。
はっぴぃえんどのような歌詞がとても心地よい。

6. ダンス・イン・ザ・ムーンライト

元は1stアルバム収録のバラード。TOKYO NO.1 SOUL SETの川辺ヒロシさんリミックスで全く別物に生まれ変わった。
とても心地よいクラブサウンドに。

7. ワインディング・ロード

ギターのカッティングとベースがハイポジションでソロ風に動くイントロと、流れるような歌メロの対比がおもしろい。
ツアー三昧の頃で、その心情を歌っている曲。

8. メイデー・レイデー

イントロに流れるサイレンの音、レコーディングで試しにケーサクが声でウーウー言ってるバージョンも録ったが、面白すぎて即ボツに。
ギターリフが60年代のロックっぽくてかっこええ。

9. 修羅(Live at Shinjuku LOFT)

ライブでは更に速く、激しくなる。それがよく分かる、このライブバージョン。
おもいっきり俺がミスってるが、それもまたご愛敬、それもまたライブ。

10. サマー・サンセット

メロディはほぼ同じだけど、もともとは曲調が違ってた。それをシンプルに、よりパンクにしたのがハマった。
ライブでは夏にしかやらないが、ここ2年ぐらいは何故か俺がボーカルをとっている。

11. 秘密の風景

四つ打ちドラムにフロアが響くビートパンク風の曲。懐かしい感じもありつつ、それをハイファイなサウンドで録ると新しい感じになった。

12. トーチ・ライター

クローズZEROUの劇中歌。映画中でも演奏している。やさぐれてダークなロッカバラード。
ワタルが一晩でつくってきて、スタジオで合わせて一瞬で出来た曲。

13. ビート・クラブ

スピーディでパンキッシュなナンバー。4人
DOESになってからはライブではワタルがハンドマイクで歌い、更にハードに。

14. チョコレート

やわらかいアコースティックサウンドで、俺らの別の側面がよく分かる曲。Mary'sチョコレートのタイアップ曲。
イントロギターの前に入ってる街の雑踏の音はケーサクが録ってきた。

15. 薄明

福岡時代からあった曲を再レコーディング。
ピアノとトレモロギターの音が静寂の中響き、ラストはマイブラばりの轟音になるという、最初期DOESの空気感が詰まった曲。

16. ギンガムの街(Alternative ver.)

四つ打ちビートにディストーションギターとベースが絡む、ハードな俺ら流ダンスロック。
3rdアルバムに入ってるレイジー・ベイビーが陽だとすれば、この曲は陰。そんな曲。

17. S.O.S.O

夢見る世界とは真逆のハードな曲。カップリングだけど、もうライブの定番曲になっている。
四人でがっつりとアレンジ含めてつくった、これも新しい俺らを象徴するような曲。

18. ヒーロースター

2ndアルバムつくってるときぐらいに出来た曲。ブルーハーツっぽさもある、3コードぐらいのシンプルなロックナンバー。
ライブでもやったことないが、このネイキッド感を今やると逆に面白いかも。

19. 遠くまで

現在進行形の今の俺らのモードが詰まった曲。どこまででも飛んで突き抜けていくような感じが詰まってる。
ブルーハーツの1stも録ってる山口州治さんに録ってもらい、とてもいいのが出来た。

TOP